• Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • note

© KEISASAKI architects all rights reserved   2019

KEI SASAKI architects  Japan 佐々木慧 佐々木けい 建築 デザイン 福岡 日本

​あたご保育園

Atago Nursery

※INTERMEDIAにて担当

敷地は長崎県長崎市。中心街から山手にのぼった、西側に長崎の中心街を見下ろす急な斜面地に位置する。

そこに「子供たちがどれだけ遊んでも遊びくせないくらい、多様で自然があふれる建築」がのぞまれた。

 

もともと棚田として造成された名残が残る敷地は、人工と自然の中間の、独特な立体的な魅力が感じられた。

そこで、地形をなぞるようにボリュームを配置し、そこに後から当てはめるように保育園の平面計画を整理していった。地形/コンターラインをなぞってそのまま立ち上げたような空間は、この土地の立体的な魅力をダイレクトに反映したものとなった。

結果的に、大小さまざまな階段がうねりながら立体的にいきわたり、地形に沿って建物が配置される様は、長崎特有の立体的な街の豊かさと連続したものとなった。

構造設計:荒木美香/佐藤淳構造設計事務所

設備設計:シード設計社

照明計画:LIGHT・PLAN

長崎県長崎市/保育園/2016年竣工

写真:中村絵 (特記以外全て)

The concept of this project is to build a nursery according to the terrain. In other words, instead of digging on the slope and violently placing a rectangular parallelepiped building, we decided the shape of the building along the slope.
This building is a nursery for about 140 children aged 0 to 6 years.

We arranged seven children's rooms in the shape of a trace of the site, and placed stairs at the place where there was a small mountain road originally.
The inner wall on the slope side of the building functions as a retaining wall, and the walls separating the rooms are embedded in the direction orthogonal to the retaining wall as a rib-structure. It plays the role of both pillars and beams.

The client's request was to create a space like nature where children can play all day. So we created a variety of natural-shaped spaces by designing architecture that match the terrain. As a result, this building looks like the three-dimensional and diverse cityscape that is characteristic of Nagasaki City where it’s site.

 

Architect : Kei Sasaki / INTERMEDIA

​Structural Design : Mika Araki / Jun Sato Structural Engineer Co.Ltd
Equipment Design : Seed design Engineer Co.Ltd
Lighting Plan : LIGHT・PLAN
Location : Nagasaki City, Nagasaki, JAPAN
Project Year : 2016
Category : Nursery  
Photographs : Kai Nakamura