• Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • note

© KEISASAKI architects all rights reserved   2019

KEI SASAKI architects  Japan 佐々木慧 佐々木けい 建築 デザイン 福岡 日本

井手川内保育園

Idegawachi Nursery

※INTERMEDIAにて担当

敷地はお寺の参道沿いにある。既存園舎も同じ敷地に建っていたが、あくまで保育園単体として完結しており、空間的にも機能的にもお寺との関わりはほとんど無いような状況であった。

この参道には参拝者のための通路が無かったため、まず、参道をオフセットする形で庇付きの通路を作ることから考えた。

そのまま参道の細長い空間を連続的に拡張するように、短冊状に空間を並べていく。

要求された各場所ごとの広さに応じて細長い空間に抑揚を付け、空間を繋げていった。

 

参道や参道寄りの空間では、保護者や参拝者が歩きながら、中庭越しに保育園を眺めたりする。子どもたちは中庭で遊んだり、室内ですやすや休んだり、えんがわに腰掛けたりする。お寺や参道の風格、そして全体としての風景を大事にしながら、参道から保育園へと流動的に移り変わるような場所を作りたいと考えた。

構造設計:坪井宏嗣構造設計事務所

設備設計:シード設計社

照明計画:LIGHT・PLAN

佐賀県嬉野市/保育園/2016年竣工

写真:中村絵(特記以外全て)

This nursery is a facility run by a Buddhist temple. Therefore there is a temple nearby and the nursery is located along the approach. Before starting the project, there was existing nursery on the same site, but there was almost no connection with the temple.

 

So we started by creating a passage with a roof for worshipers passing through the approach. Then, the garden, the outside corridor, the inside corridor, and the children's room were arranged in the parallel direction to the passage, and the size was adjusted according to the request of the client.

 

The walkway along the approach is often visited by worshipers and parents and they look at the children. And children go in and out of the garden, corridors and children's room freely. This architecture was shaped by respecting the role and landscape of the temple and the approach.


 

Architect : Kei Sasaki / INTERMEDIA

Structural Design : Hirotsugu Tsuboi Structural Engineer Co.Ltd

Equipment Design : Seed design Engineer Co.Ltd

Lighting Plan : LIGHT・PLAN

Location : Ureshino City, Saga, JAPAN

Project Year : 2016

Category : Nursery  

Photographs : Kai Nakamura

Area: 620㎡

Client: Keyaki-kai